Wedding Report - 水戸・千波 とう粋庵

ハッピー・ウェディング情報

「新田邦雄様・白石洋子様」2008年1月6日(日)

とう粋庵より Happy Wedding 情報です。

最初にお出会いした時から、「いい感じのお二人だな」と思っていましたが、当日を迎えるにあたっての二人の雰囲気がとてもよかったので、一緒にお祝いをさせていただきたい気分になりました。夫婦って「似たもの同士が最高!」と思わせてくれる、とてもお似合いの二人です。飾ることなくさっぱりとしていて、それでいて気配りが足りないどころか、やさしい眼差しで相手の話に耳を傾け、誰にも居心地のいい空気感を生み出す、二人ともが、そんな感じです。

きりっとした顔立ちで、どちらかというと男気にあふれている亭主関白タイプに見える邦雄さんが、洋子さんにはやさしく接しているのを見ていると、今風イタリア男みたいでカッコ良さ抜群!一方、洋子さんの屈託のない穏やかな笑顔に、癒されない人はいないでしょう。披露宴本番直前にもかかわらず「今日は飲むぞ!」って、裏ではしゃいでいた彼女を見て、「なんて無邪気で、可愛いんだろう!」と思え、ちょっと私も惚れモードになりました。男は、こういう可愛さに弱いものです。きっと、邦雄さんも、こういう所にハートをおとされたのでしょう。その後、披露宴が始まってからの会場の様子を拝見していると、ご親族やご近所の方々のお二人に対する言葉の掛け方がとても暖かく、本当に多くの人に可愛がられているだなあと実感できました。

宴もたけなわな頃、幸せな二人を祝福するカラオケでも、盛り上がりました。特に、邦雄さんのお父様が「常会で、滅多と歌わない人も歌ってくれて、本当に驚いたよ!」と言っておられた会話が印象的でした。こんなところにも、ふだんのご家族やお二人の人柄がしのべます。比較的早い段階で、両家のお父様二人が、息のあったデュエットを聴かせてくれましたが、これまた練習を重ねたかの如く素晴らしく、初めてで突然決めたと聞いて、なおびっくりでした。途中、洋子さんのお父様が、感極まってクシャクシャになられてしまいましたが、お陰様で?会場は一気に感動の渦へ!。次に驚かせてくれたのは、熟年即興カップルによる社交ダンスの登場です。

カラオケの曲にあわせて、見事で軽やかな身のこなしをご披露いただきました。ピッ!と伸ばした、指先、足先までに神経が通っている感じがして、なかなかの感動ものでした。そして、締めの曲は、新婦のお兄様と新郎の義兄によるウルフルズの「バンザイ!!」です。「バンザ〜イ!君に会えてよかった。このまま、ずっと〜、ずっと〜、死ぬまでハッピー!」新郎の気持ちを代弁するが如く、さわやかに熱唱していただきました。笑いあり、涙あり、感動ありの中、最後は、明るくみんなでバンザイしながらの爽快なエンディング曲でした。ご両家ご親族の皆様方、本当に、おめでとうございました。そして、邦雄さん、洋子さん!これからも、ずっ〜と〜!今日の笑顔と優しさ忘れないで、二人で仲良く!また、近い日にお会いできること楽しみにしています。
スタッフより

「親族と近所の方を招待しようと会場を探していました。ゆっくりとくつろいで,美味しいお食事を楽しんでいただきたいという思いからとう粋庵さんにお願いをしました。また,県外から来る方に水戸ならではの風景を見てもらいたいということもあり,千波湖畔という立地も希望通りでした。式の内容は担当の方から色々なアイディアをいただきました。鏡開きをして皆さんにお酒をふるまい,一人一人からお祝いの言葉を頂く中で本当に結婚したんだーと実感が湧いてきました。出席された方からは『手の込んだ美味しいお料理と和の雰囲気で,アットホームな素晴らしい披露宴だったよ』とのお言葉をいただきました。年明け早々の忙しい中の披露宴でしたが,スタッフの皆さんに協力していただき,一生の思い出に残る披露宴にすることができました。本当にありがとうございました。」
邦雄・洋子より


NEW ☜ Report No.10 ☞ OLD